占い師に拒否された時も一つのシグナル

占い師に占いを拒否されるっていう経験あります?(ちょいちょい話題にしてます)

私のお客様だと結構あります・・・すみません。

常連さんですら結構・・・済みません。

個人でやっている占い師さんに相談している場合、状況によっては占いを拒否されるということが起きるはずです。

組織に属している場合はたぶんなかなか出来ないと思いますが、個人の場合は裁量が個人にありますので。

占いを拒否されるなんて結構ショック

いや、相当ショックだと思います。

それはそうなのですが、それも考慮した上で、今回のテーマは「占い師側の事情」になります。

占い師が占いを拒否するケースは普通はありません。

特に私の様に個人でやっている占い師なら尚更です。

占いの依頼を拒否なんてしてたら、商売にならないだけじゃなく、生きていけなくなっちゃいます。

占いの依頼=お金がもらえる=生きていける仕組み

占いの依頼=断る=お金もらえない=どうやって生きていく?、という流れが控えています。

これを理解していただけると「占い師が拒否をする」ということは、相当な状況にあると理解出来ます。

大抵は「今占うのは相談者にとってメリットが薄い、あるいはデメリットにしかならない」というときです。

まあ、私の場合、初めてのお客さんに関しては「このお客さんは合わないから無理」という時もあります。

そういう風には言いませんが「私では無理そうなので」ってお断りします。

一方でリピーターのお客様については、リピーターさんの事を考えて判断しています。

商売的には占ってお金を貰う方が両得

相談者は相談出来て良かった。

占い師はお金をもらえて良かった。

両得ですよね。

でも、実は両得ではありません。

占い師側にしかメリットが無いです。

その理由は「今は占わない方が良い」というときに占ってしまうと、更に不安が強くなったり、更に迷ったりする可能性が高いです。

「今は止めた方が良い」と占い師は分かる

私の場合は鑑定をやっていても「鑑定を中断します」と言ったりします。

こういう状況になることは珍しいです。

珍しいということは、少なくともその人にとって「中断」が意味がある可能性が高いということです。

こういうときはショックだと思うのですが、他の占い師に相談したりしないで、目の前にたまっている「やること」をひたすら片付けた方が良いです。

占いを受けても現実は変わらないけれど、片付けをすれば片付けたところから現実が変わっていくからです。

そうやって一通りやることをやっても相談したいことがある場合は、他の占い師に相談されて良いと思うのです。

タイミングがずれるとダメがOKになる

面白いのは、しばらく経ってから相談されると、「今回は受けますよ~」ってなることが多い点です。

私が受ける理由は簡単で「あ、今の状態なら大丈夫だな」って分かるからです。

占いはいつ受けても良いのでは無く、相談者自身が受けたいと思っても受けない方が良い時もあります。

それは本人では分からないから、本人の代わりにお伝えする感じです。

こういうやり方が良いかどうかは私も分からないんです。

拒否をするというのはそれだけ大きなショックを与えることでもあるのは確かだし。

そして、他の占い師のところにいって、さらなる占いのループにはまってしまうかもしれないです。

後々になって過去の決断が効いてくる

たまに「私のやり方は間違っていなかったな」と実感出来るのは、日を置いてあらためて相談される方がいらっしゃることです。

どうしてあらためて相談されているか理由を聞いたことはありませんが、とりあえず受け入れてもらえたのかなって(笑)。

占いという見えない世界を扱うものなので、どのように受け止めてもらっても良いです。

ただ、「そういう考え方もあるのか」と知ってさえいれば気がつけるヒントというのもあるかなと。

そういうお話です。

一緒に読んでみてください:「あなたに合った占い師の見つけ方」

【関連するまとめリンク】
「当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ」